• トップ /
  • 家探しの基準にもできる床面積

家探しの基準を知るならこれ

家探しの基準にもできる床面積

家探しは床面積を確認

家探しをするときに、不動産物件の間取りは基準になります。同じ間取りでも、広さは異なります。おすすめは床面積の数値です。建物の建築面積と、物件としての延床面積の二種類があります。建物の建築面積では、実際の広さを実感できる数値です。延床面積は法律の規定に基づく数値です。実際に購入した場合は固定資産税もポイントです。築年数が同じ場合は、広い面積の家は、狭い面積の家よりも、固定資産税は高くなります。面積を把握しておく毛羽、固定資産税の比較にも役立ちます。おすすめの家探しは、延床面積を基準にした維持管理費を予測を併用する方法です。延床面積は法律に基づく面積なので、固定資産税を推測しやすくなります。同じ4LDKの間取りでも、床面積は同じとは限りません。天井の高さが140センチメートルに達していない場合は、法律上は延床面積に加算しなくても良いのもポイントです。天井の高さを、140センチメートルを基準にして把握すると、固定資産税が課税されない床面積がわかります。おすすめはロフト、中二階、地下室の構造です。生活するのには不便な基準の140センチメートルですが、荷物の収納には適しています。すっきりとした収納になり、快適に暮らせる家探しの基準として役立ちます。

家探しの必須情報

↑PAGE TOP