• トップ /
  • 新築で家探しをする前に

家探しで最も重要な基準とは

新築で家探しをする前に

家探しのコツは新築の文字

家探しをする際にこだわりたい条件は様々ありますが、家賃や設備などの条件にも大きく関わってくる要素として築年数があります。いわゆる新築と呼ばれる物件は外見も内装もきれいで、設備も最新の物が揃っていたりセキュリティが整っていたりというイメージがあります。何より今までに誰も住んでいないということで、全てが真新しく、汚れや傷が無い状態で気持ち良く住み始められる気がするので家探しをする人たちに人気が高いです。しかし実は、新築と呼ぶための築年数の基準は存在しません。正しい基準は今までに誰も住んだことがない物件というものです。つまり、5年だろうと10年だろうと誰も住んだことがなければ基準を満たすので新築と呼ぶことができます。家探しをしていて本当の意味で新しい物件に住みたいなら、築年数を確認することが大切です。数年経っているのに新築と呼ばれている物件は、何かしらの理由があってまだ誰も住んでいないという可能性があります。しかし安い物件を探したいならそれを逆手に取り、なぜ新築なのかの理由を自分で探し、あるいは不動産屋などに聞いてみて、もし自分が納得できる条件なら相場よりも安く借りられることになるので家探しのコツとして覚えておくと便利です。

家探しの必須情報

↑PAGE TOP